LabVIEW Home Bundle

最終更新日:2020/9/18

※2020年4月 LabVIEW 2020 Community リリースに伴い LabVIEW Home Bundleというカテゴリは無くなりました。


情報不足でした。LabVIEW Home Bundleなるエディションがいつの間にかリリースされていました。価格は$49.99です。

https://sine.ni.com/nips/cds/view/p/lang/ja/nid/213095

2ちゃんねる書込を検索したところ、

782 :774ワット発電中さん:2016/06/05(日) 06:40:07.63 ID:NCoeG16f
>>766>>768
つ[LabVIEW Home Bundle]
ttp://sine.ni.com/nips/cds/view/p/lang/ja/nid/213095

という紹介がありました。少なくとも2016/06/05前には日本でも紹介されていたのでしょうね。

@ktyubeshi氏がブログに調査結果を報告されていました。https://qiita.com/ktyubeshi/items/4e23fd2e9960f7c021f2
これによるとLabVIEW Home Bundle版はMakerHubのモジュールを利用する際に必要なbitイメージを実行する為に構成されているようですね。他のバージョンだと動かないとあります。
※ターゲットがRasberyPiだとLVRTEをダウンロードするのではないかと思われます。
※ターゲットモジュールによっては日本語版や最新版でも動くようです。Arduinoターゲットだとこの範疇のようです。

購入はSparkFunDigilentDegiKeyスイッチサイエンス秋月電子等で扱っているものを購入し、ライセンス登録をNIのサイトで行うという形態のようです。
DegiKeyサイトには 刊行: 2015-12-15 とあり、1年以上前から用意されていたようです。知りませんでした。
秋月電子は2017/1/31から扱っているようで、ごく最近扱い始めたようです。

基本ハードウエアとのバンドル商品であり、個人使用に限られるライセンスです。が、価格が$50、デジキーで日本円扱いで\6000秋月は税込み\5800と破格です。
※海外のサイトから購入するとship料金を気にする必要があります。アマゾンで$5.12ということです。digilentincのサイトからだと$86ということです。
このライセンスには

が含まれています。『LabVIEW Control Design and Simulation Module』が¥290,000 LabVIEW MathScript RT Moduleが\72000 とあり、これらのモジュールを使ってみたいと思う場合、すごく安価です。もちろんLabVIEW本体を評価版ではなく正規版として使用できるだけでも重要です。もちろんライセンス形態に制限が掛かっています。
PCへのインストールに関しては従来通り4台にインストールしてもアクティベーションできるようです。
実態はLabVIEW2014SP1のようです。このバージョンは正規ではWindows10未対応だと思うのですが、なぜかパッケージにはWindows10対応となっています。気になります。購入して確認するしかなさそうです。

MakerHubのサイトからLabVIEW Home Bundle版をダウンロード可能です。ここを見ると選択しに日本語版がありますね。ただ、@ktyubeshi氏が紹介されているように英語版でないと使えないターゲットが存在するようです。


早速 秋月電子に注文したところ、翌日には届きました。紙切れ一枚で シリアル番号 BxxPxxxxx というシリアル番号のみが記載されており、説明書も添付されていないので、この紙切れ頼りとなります。

をインストール・アクティベーションしました。
注意:リンク先から選択したLabVIEW 2014は

を一緒にインストールしてしまうかと思いますが、こちらのライセンスはないためアクティベートに拒否されます。

続けて

をインストールして再度アクティベーションしました。
残念ながら『LabVIEW Control Design and Simulation Module』『LabVIEW MathScript RT Module』のアクティベーションは通らないことが判りました。たぶん2014では無いからです。
2014版のダウンロードは許可されていません。この点の対策は別途検討します。
※2014版のMSRT、CDSimを入手して、再インストールしてみました。2014版であればアクティベートが完了しました。
ダウンロード先ですが、Googleで検索すると見つかります。
https://www.ni.com/download/labview-control-design-and-simulation-module-2014/4833/en/
https://www.ni.com/download/labview-mathscript-rt-module-2014/4835/en/

ちょっと気になったこととしてWaterMarkが入ることでしょうか?商用使用できないという意味ですね!

ラズベリーパイの検証に入ります。


戯言(nonsense)に戻る


免責事項

本ソフトウエアは、あなたに対して何も保証しません。本ソフトウエアの関係者(他の利用者も含む)は、あなたに対して一切責任を負いません。
あなたが、本ソフトウエアを利用(コンパイル後の再利用など全てを含む)する場合は、自己責任で行う必要があります。

本ソフトウエアの著作権はToolsBoxに帰属します。
本ソフトウエアをご利用の結果生じた損害について、ToolsBoxは一切責任を負いません。
ToolsBoxはコンテンツとして提供する全ての文章、画像等について、内容の合法性・正確性・安全性等、において最善の注意をし、作成していますが、保証するものではありません。
ToolsBoxはリンクをしている外部サイトについては、何ら保証しません。
ToolsBoxは事前の予告無く、本ソフトウエアの開発・提供を中止する可能性があります。

商標・登録商標

Microsoft、Windows、WindowsNTは米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。
Windows Vista、Windows XPは、米国Microsoft Corporation.の商品名称です。
LabVIEW、National Instruments、NI、ni.comはNational Instrumentsの登録商標です。
I2Cは、NXP Semiconductors社の登録商標です。
その他の企業名ならびに製品名は、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。
すべての商標および登録商標は、それぞれの所有者に帰属します。