mbedについて調べました

最終更新日 2017年3月29日

Arduinoの亜種を調べてゆく内にARMプロセッサ採用のワンボードマイコンがたくさん存在することが判ってきました。その中でNXP社のマイコンを使用したプロジェクトとしてmbedというのが有ることが判り、これを調査することにしました。一番の理由は所有するツールLabToolがNXP社の製品でLPC4370+LPC-Link 2で構成されており、ARMプロセッサで有ることも身近に感じた原因です。

比較してみました。比較対象はとりあえずArduino Dueとします。

Name mbed NXP LPC1768 mbed NXP LPC11U24 Due
参考価格スイッチサイエンス 5,940 5,400 円 \6,264
アマゾン価格 ¥ 6,480 ¥ 7,878 ¥ 4,900
Processor ARM Cortex-M3 ARM Cortex-M0 Atmel SAM3X8E
(ARM)32bitプロセッサ
Operating Voltage 3.3V 3.3V 3.3V
Input Voltage Range 4.5〜9V 4.5〜9V 7〜12 V
CPU Speed 96MHz 48MHz 84MHz
Analog In 6(10ビット) 6(10ビット) 12(10ビット)
Analog Out 1(12ビット) - 2(12ビット)
0.55V〜2.75V
Digital IO     54(of which 12 provide PWM output)
PWM 6 8 12
EEPROM [kB] 512k 32k 4
SRAM [kB] 32kB 8kB 96 (64k+32k)
Flash [kB] 512kB 32kB 512
USB端子 MIni-B MicroB MIni-B×2
SERIAL UART     4ポート
DC Current per I/O Pins[mA] 60-120mA (I/O Pins) 1-16mA (I/O Pins) 130 mA (I/O Pins)
Power Consumption[mA]     38 mA
PCB Size[mm] 54x26mm   53.3 x 101.5 mm
Weight     36 g
Product Code     A000062
互換機の価格調査
HiLetgo(Amazon価格) 商品が見当たらない 商品が見当たらない ¥ 1,850 (CH340G)
Kuman(アマゾン) 商品が見当たらない 商品が見当たらない ¥ 2,650

mbedは32bit版のArduinoという印象を持っていましたが、Arduino本家自体がARMchipにも対応しており、競合していると考えざるを得ません。
2ch書込でもmbedを崇拝している方がいます。mbedでなければいけない部分を見つけ出したいです。

戯言(nonsense)に戻る


免責事項

本ソフトウエアは、あなたに対して何も保証しません。本ソフトウエアの関係者(他の利用者も含む)は、あなたに対して一切責任を負いません。
あなたが、本ソフトウエアを利用(コンパイル後の再利用など全てを含む)する場合は、自己責任で行う必要があります。

本ソフトウエアの著作権はToolsBoxに帰属します。
本ソフトウエアをご利用の結果生じた損害について、ToolsBoxは一切責任を負いません。
ToolsBoxはコンテンツとして提供する全ての文章、画像等について、内容の合法性・正確性・安全性等、において最善の注意をし、作成していますが、保証するものではありません。
ToolsBoxはリンクをしている外部サイトについては、何ら保証しません。
ToolsBoxは事前の予告無く、本ソフトウエアの開発・提供を中止する可能性があります。

商標・登録商標

Microsoft、Windows、WindowsNTは米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。
Windows Vista、Windows XPは、米国Microsoft Corporation.の商品名称です。
LabVIEW、National Instruments、NI、ni.comはNational Instrumentsの登録商標です。
I2Cは、NXP Semiconductors社の登録商標です。
その他の企業名ならびに製品名は、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。
すべての商標および登録商標は、それぞれの所有者に帰属します。