XY-LPWMをLabVIEWでセットする

最終更新日:2020/11/9


XY-LPWMというカウンタユニットをLabVIEWで設定することにします。

XY-LPWMはPWM パルス周波数、デューティ ・ サイクル調整可能なモジュール方形波、矩形波信号発生器と定義されています。
メーカはよく判りません。そのためか資料もありません。Web検索してそれらしい情報を集めてここで資料化しておきます。
このXY-LPWMはシリアル通信可能なので、PCから制御出来るように検討します。
https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/A1R7QdmPRhL.pdf

亜種を紹介します。

@ XY-PWM ケース付きの矩形波信号発生器
A XY-KPWM ケース付きの矩形波信号発生器
操作性の改善
B XY-LPWM3 出力3chの矩形波信号発生器です。
周波数は1つでDutyが3つ

基本ブロック図がありました。通信等の制御はN76E003AT20で行っており、PWM制御も行っているため、精度が落ちるようです。
LCDドライバはHT21Bです。

N76E003AT20はSTM8S003F3P6とピン互換ですが、プログラムコードは異なります。
正極性の信号しか扱えないのが辛いところですね。一般的なFG装置は出力インピーダンス50Ωで±10Vに対応しています。
J3という端子はプログラミング用の端子のようです。実際、プログラムを書き換えて異なる用途で使われている方が見えるようです。

J3 ICP Pin Signal
1 +3.3V (supply)
2 NRST
3 SWIM and serial console
4 STM8S003F3P6 Vcap (do not connect)
5 GND

XY-LPWM仕様
1 動作電圧 3.3 〜 30 V
2 動作周波数 1〜150K Hz
3 周波数精度 2%
4 出力電流 5〜30mA
5 出力振幅 電源電圧に等しい
6 動作温度 -20 〜 + 70 ℃
7 サイズ 55x35x8mm 13g

XY-LPWM(3)にはシリアルポートが用意されており、USB-UART変換ケーブルがあれば、PCと接続して周波数及びDuty比の変更等が瞬時に出来ます。実際にやってみると結構便利です。

シリアル通信仕様
1 ボーレート 9600bps
2 データビット 8
3 ストップビット 1
4 パリティビット なし
5 フロー制御 なし

6

機能1:周波数セット F101 101Hzにセット 001〜999
F1.05 1.05Hzにセット 1.00〜9.99
F10.5 10.5Hzにセット 10.0〜99.9
F1.5.0 150KHzにセット 1.0.0〜1.5.0

7

機能2:Duty比セット D050 Duty50% 000〜100
8 機能3 パラメータ読込 read ※小文字 F156\nD052\n
設定コマンド送信後実行成功したら『DOWN\n』が返ります。
コマンドミスや実行エラーの場合『FALL\n』が返ります。

LabVIEWでプログラムを組んでみました。

XY-LPWMは矩形波しか出力出来ないクロックジェネレータですが、出力電圧10V以上を気軽に実現出来るという意味で興味深いです。
また、ディスプレイも明るくてコントラストも十分。この点は好感が持てます。
操作性ですが、長押しすれば大きな数値変更も素早く出来るモノの、直接数値設定するにはPCからの制御は必要かと思います。
クロックの精度ですが、オシロスコープで見る限りジッタはそこそこあります。精度2%が物語っているようです。


戯言(nonsense)に戻る


免責事項

本ソフトウエアは、あなたに対して何も保証しません。本ソフトウエアの関係者(他の利用者も含む)は、あなたに対して一切責任を負いません。
あなたが、本ソフトウエアを利用(コンパイル後の再利用など全てを含む)する場合は、自己責任で行う必要があります。

本ソフトウエアの著作権はToolsBoxに帰属します。
本ソフトウエアをご利用の結果生じた損害について、ToolsBoxは一切責任を負いません。
ToolsBoxはコンテンツとして提供する全ての文章、画像等について、内容の合法性・正確性・安全性等、において最善の注意をし、作成していますが、保証するものではありません。
ToolsBoxはリンクをしている外部サイトについては、何ら保証しません。
ToolsBoxは事前の予告無く、本ソフトウエアの開発・提供を中止する可能性があります。

商標・登録商標

Microsoft、Windows、WindowsNTは米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。
Windows Vista、Windows XPは、米国Microsoft Corporation.の商品名称です。
LabVIEW、National Instruments、NI、ni.comはNational Instrumentsの登録商標です。
I2Cは、NXP Semiconductors社の登録商標です。
その他の企業名ならびに製品名は、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。
すべての商標および登録商標は、それぞれの所有者に帰属します。