XD-204 データー ロギング シールドを使用する。

最終更新:2017年9月8日

SDカードシールドには幾つかのモジュールがありますが、RTC機能を用意したモジュールも出ています。オリジナルはAdafruit社のXD-204というシールドかと思います。
Data Logging shield として用意されています。
https://www.adafruit.com/product/1141
https://cdn-learn.adafruit.com/downloads/pdf/adafruit-data-logger-shield.pdf

機能

ArduinoPin

意味合い

アサイン
SD D12(固定) データ入力 MISO
D11(固定) データ出力 MOSI
D13(固定) シリアルクロック SCK
D10(固定) チップセレクト CS
RTC($68固定) A4(固定) i2cデータライン RTC_SDA
A5(固定) i2cクロックライン RTC_SCL

SDカードを使ってロギングする場合タイムスタンプは重要です。RTCモジュールもいくつかありますが、バックアップ電源が二次電池で特殊なものを使用するタイプだったりすると返って使いづらいです。そこでXD-204:Data Logging shieldです。HiLetgoで\310(電池別)です。安いです。SPIのクロック次第でそこそこの書き込み速度になります。
電池はCR1220です。ダイソーで入手可能です。一次電池で扱えた方が楽です。電池寿命は1年以上大丈夫だと思います。
※Adafruit社1141の記載では、5年以上とのことです。(the battery will last 5 or more years)
※ZS-042と云うモジュールはリチューム二次電池(LIR2032)を装備する必要があります。同じ形の一次電池CR2032を装着すると熱くなって危険です。

XD-204用のライブラリをadafruitは提供していないようですが、SD.h(SDFat.h)、RTClib.hをインクルードすれば普通に使えます。

MEGA2560にこのシールドを使用する事は出来るようですが、DUOだと難しそうです。

MPUがSTM32であれば、OLIMEXINO-STM32なんか良さそうです。
https://www.olimex.com/Products/Duino/STM32/OLIMEXINO-STM32/
RTCを内蔵しており、MicroSDカードを装備しています。ただ、STM32duinoに切り替えただけで使用できるわけではないようです。

このモジュールは呼吸動機案件で使いやすそうでしたので採用したいと思います。


このモジュールの型番は間違っていました。Adafruit社の商品にXD-204と云う型番はありません。Data Logging Shield for Arduino と云う商品が1141という型番で販売されています。また、RevBと云う商品もあるようです。
XD-204というのはKEYES社のモノのようです。
https://en.keyes-robot.com/productshow.aspx?id=538
しかし、ここでは資料やライブラリを提供していません。怪しいです。

手元にある商品はシルクにてDEEK-ROBOTという印刷がされています。
https://www.deek-robot.com/
会社は存続しているのですが、本商品の紹介はされていません。もちろん情報提供も無いです。


当初 このData Logging Shield はMEGA2560R3で使用できるモノと思っていました。UNOで使用できることは確認したのですが、MEGA2560に挿してみたところ、スケッチをレタッチしてMEGA用にpinアサインを変更してビルドしたのですが動かないことを確認しました。資料が無いのでどうしたモノかと思いましたが、Adafruit社1141の資料にヒントがありました。MEGAで使用するためには物理PINが異なるため対策が必要です。Adafruit 1141 RevBはこの対策が出来ており、素直に使える様ですが、XD-204の場合、パタンをレタッチしないと使えないようです。
ただ、このボードはその辺りを考慮済みなのか、パターンカットや、ジャンパ配線がしやすいです。以下のようなレタッチを行い、スケッチのpinアサインを修正すれば使えます。
※R3のボードで無いとPINが収まらない部分があります。その意味でR2以前は不可という扱いなのかもしれません。



戯言(nonsense)に戻る


免責事項

本ソフトウエアは、あなたに対して何も保証しません。本ソフトウエアの関係者(他の利用者も含む)は、あなたに対して一切責任を負いません。
あなたが、本ソフトウエアを利用(コンパイル後の再利用など全てを含む)する場合は、自己責任で行う必要があります。

本ソフトウエアの著作権はToolsBoxに帰属します。
本ソフトウエアをご利用の結果生じた損害について、ToolsBoxは一切責任を負いません。
ToolsBoxはコンテンツとして提供する全ての文章、画像等について、内容の合法性・正確性・安全性等、において最善の注意をし、作成していますが、保証するものではありません。
ToolsBoxはリンクをしている外部サイトについては、何ら保証しません。
ToolsBoxは事前の予告無く、本ソフトウエアの開発・提供を中止する可能性があります。

商標・登録商標

Microsoft、Windows、WindowsNTは米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。
Windows Vista、Windows XPは、米国Microsoft Corporation.の商品名称です。
LabVIEW、National Instruments、NI、ni.comはNational Instrumentsの登録商標です。
I2Cは、NXP Semiconductors社の登録商標です。
その他の企業名ならびに製品名は、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。
すべての商標および登録商標は、それぞれの所有者に帰属します。