ミズシオン(水と塩で発電)

最終更新日:2021/1/2

テレビ番組で 塩と水を注ぐだけで80時間LEDランタンが点灯するという商品が紹介されました。メーカ名や商品名は紹介されませんでしたが、amazonで検索すると相当品がいくつかあることが判りました。
原理が知りたくて調査を進めたところ、マクセルのMS-T210WHの紹介サイトに原理が紹介されていました。

https://www.maxell.jp/consumer/img/ms-t210wh_im02.jpg

マグネシウム合金を陰極として陽極が空気、電解液が塩水でイオン交換が起き発電するようです。
塩水の濃度は3〜5%を推奨しているようです。7gの塩を180ccの水で溶くことが記載されています。
マグネシウム合金表面が水酸化マグネシウムに変化してイオン交換が止まるようです。表面に付いた水酸化マグネシウムを洗い流して繰り返し使う事が出来るようです。陰極のマグネシウム合金寿命は80時間となっています。陽極のみ交換可能でコストは約1000円です。

発電量ですが、MS-T210WHはランタンという商品で扱っているため、詳細な発電量までは情報提供されていません。どこかに情報が出ていないか調べて見ました。
藤倉ゴム工業のWattSattと云う商品は280Whという容量が表示されています。3万円強という価格、交換電極オプションが無いようで、使い捨て非常用電源という事になります。
古河電工も300Whの電池を提供しています。こちらも3万円前後するようです。

電解液を入れなければ数年〜10年の保管が可能というのが最大の特徴かと思いますが、繰り返しコストが高すぎると云う印象です。
ソーラーバッテリもそれなりの電気容量を得られるようになっていることから使い道をきちんと選定しないといけないなと思う次第です。


戯言(nonsense)に戻る


免責事項

本ソフトウエアは、あなたに対して何も保証しません。本ソフトウエアの関係者(他の利用者も含む)は、あなたに対して一切責任を負いません。
あなたが、本ソフトウエアを利用(コンパイル後の再利用など全てを含む)する場合は、自己責任で行う必要があります。

本ソフトウエアの著作権はToolsBoxに帰属します。
本ソフトウエアをご利用の結果生じた損害について、ToolsBoxは一切責任を負いません。
ToolsBoxはコンテンツとして提供する全ての文章、画像等について、内容の合法性・正確性・安全性等、において最善の注意をし、作成していますが、保証するものではありません。
ToolsBoxはリンクをしている外部サイトについては、何ら保証しません。
ToolsBoxは事前の予告無く、本ソフトウエアの開発・提供を中止する可能性があります。

商標・登録商標

Microsoft、Windows、WindowsNTは米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。
Windows Vista、Windows XPは、米国Microsoft Corporation.の商品名称です。
LabVIEW、National Instruments、NI、ni.comはNational Instrumentsの登録商標です。
I2Cは、NXP Semiconductors社の登録商標です。
その他の企業名ならびに製品名は、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。
すべての商標および登録商標は、それぞれの所有者に帰属します。