レタッチしたPageVIEW

最終更新日:2021年3月2日

LVURLExtractionを作成してゆく過程で、HomePageのリンク先を意図的に新規Windowで開く設定が結構あることが判りました。
現在のブラウザでは、ユーザが新規Windowや新規タブで開きたいと思ったときに右クリックして選択実行するのが 一般 かと思います。
しかし、作成者側がHTMLで target="_blank"って指定されていると、LVURLExtractionのような仕様では対策方法無し という考えを持っていました。IEが別Windowを開いてしまうのです。

target="_blank" を設定することについてはいろいろ議論があるようです。
少なくともユーザには選択肢があるので、ターゲットブランクタグを指定する意味は無いように思います。他人のサイトに対するリンクだとしても別Windowsで開かずとも済みます。戻ることだって出来るわけですから。
スマートフォンでもPCライクにブラウズ出来るようになりました。この場合、target="_blank"指定って結構嫌みに思うことがあります。

LVURLExtractionでブラウズする際には target="_blank" の指定があると困ります。リンク先のページを調査したいのに、連動できないのです。

ブラウザで表示する前に、target="_blank"をtarget="_self"に変更して読み込むことが出来ないか検討しました。そしたら、DotNetのWebBrowserではパラメータの差替が出来る事が判りました。

WebBrowserのDocumentプロパティからLinkプロパティを抜き出して、全数のtaget属性をチェックします。
ここでblankだったらselfに置き換えると、事前にblankをなくせるのです。
裏で勝手に実行できるため怖くもありますが、便利です。
WebBrowser上でクリックされたリンクを都度処理する必要がありますので、CallBackEventで処理しないと意味がありませんが。


2ちゃんねるニュース速報+ナビ(https://www.2nn.jp/mnewsplus/)をサクセスしてここのページを開こうとすると、target="_blank"による別Windowsが開くはずです。これを、そのままのwindowで開くことが確認出来ました。


戯言(nonsense)に戻る


免責事項

本ソフトウエアは、あなたに対して何も保証しません。本ソフトウエアの関係者(他の利用者も含む)は、あなたに対して一切責任を負いません。
あなたが、本ソフトウエアを利用(コンパイル後の再利用など全てを含む)する場合は、自己責任で行う必要があります。

本ソフトウエアの著作権はToolsBoxに帰属します。
本ソフトウエアをご利用の結果生じた損害について、ToolsBoxは一切責任を負いません。
ToolsBoxはコンテンツとして提供する全ての文章、画像等について、内容の合法性・正確性・安全性等、において最善の注意をし、作成していますが、保証するものではありません。
ToolsBoxはリンクをしている外部サイトについては、何ら保証しません。
ToolsBoxは事前の予告無く、本ソフトウエアの開発・提供を中止する可能性があります。

商標・登録商標

Microsoft、Windows、WindowsNTは米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。
Windows Vista、Windows XPは、米国Microsoft Corporation.の商品名称です。
LabVIEW、National Instruments、NI、ni.comはNational Instrumentsの登録商標です。
I2Cは、NXP Semiconductors社の登録商標です。
その他の企業名ならびに製品名は、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。
すべての商標および登録商標は、それぞれの所有者に帰属します。