Code Composer Studioという開発環境

最終更新日:2021/5/21

Code Composer Studio は、TI のマイコンと組込みプロセッサ・ポートフォリオをサポートする統合開発環境(IDE)です。https://www.tij.co.jp/tool/jp/CCSTUDIO 無償です。※2015年以前は有償だったようです。

TI製のマイコンというと MCP430 が有名かと思います。自分も過去に使ったことがあります。NI社のZIGBEEデバイスWSNを使った際に、このデバイスがMCP430を採用していました。NI社としては終息品扱いのようですが。
LabVIEWと云う環境はクロスコンパイラですので、LabVIEW用のGコードで用意されているVIを使ってプログラムを作成し、TIのコンパイラの使ってBUILD。デバイスにバイナリコードを流し込んで実行するという形態になります。GateWayはRTOSで構築していた覚えがあります。
パッケージングされたZigBeeデバイスが少なかったからですね。
Arduino環境下でも当時からZigBeeは使えたかと思います。

Code Composer Studio は、Eclipse ソフトウェア・フレームワークを採用しているようです。
カレントバージョンは10.3.1(2021.3.2)のようです。現時点でもメンテナンスされているという事です。

TIのマイコンがターゲットであれば使えますが、それ以外のメーカの場合は使えないようです。
TIのマイコンと云えばMCP430であり、これを使う分にはこの環境整備は必要ですが、ArduinoでもMCP430をサポートしており、どの程度の規模の開発なのか見極めて採用する必要があるのかなと思う次第です。


戯言(nonsense)に戻る


免責事項

本ソフトウエアは、あなたに対して何も保証しません。本ソフトウエアの関係者(他の利用者も含む)は、あなたに対して一切責任を負いません。
あなたが、本ソフトウエアを利用(コンパイル後の再利用など全てを含む)する場合は、自己責任で行う必要があります。

本ソフトウエアの著作権はToolsBoxに帰属します。
本ソフトウエアをご利用の結果生じた損害について、ToolsBoxは一切責任を負いません。
ToolsBoxはコンテンツとして提供する全ての文章、画像等について、内容の合法性・正確性・安全性等、において最善の注意をし、作成していますが、保証するものではありません。
ToolsBoxはリンクをしている外部サイトについては、何ら保証しません。
ToolsBoxは事前の予告無く、本ソフトウエアの開発・提供を中止する可能性があります。

商標・登録商標

Microsoft、Windows、WindowsNTは米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。
Windows Vista、Windows XPは、米国Microsoft Corporation.の商品名称です。
LabVIEW、National Instruments、NI、ni.comはNational Instrumentsの登録商標です。
I2Cは、NXP Semiconductors社の登録商標です。
その他の企業名ならびに製品名は、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。
すべての商標および登録商標は、それぞれの所有者に帰属します。