EVAL-AD9833SDZの評価ソフトはLabVIEWで構築しているようです。

最終更新日 2020年11月27日

EVAL-AD9833SDZはアナログデバイス社がDDS信号発生IC AD9833に対する評価基板として提供しているものです。価格はDigiKey扱いで8000円程度です。25MHzの発振器を搭載していており、最大12.5Mhzのサイン波、三角波、および方形波を出力出来ます。マイコンでこれを実現するのは大変なので、安価なFG器はこのチップか、上位チップを用いて構築している例が多いことも調査上明らかです。

この評価ボードに添付されている評価ソフトなのですが、LabVIEWで構築されていることが判っています。
この評価ボードの説明書は日本語版が用意されています。
https://www.analog.com/media/jp/technical-documentation/user-guides/UG-272_jp.pdf

デバイスマネージャの扱いを見ると、AD2と同じような扱いなのかなと思われます。


戯言(nonsense)に戻る


免責事項

本ソフトウエアは、あなたに対して何も保証しません。本ソフトウエアの関係者(他の利用者も含む)は、あなたに対して一切責任を負いません。
あなたが、本ソフトウエアを利用(コンパイル後の再利用など全てを含む)する場合は、自己責任で行う必要があります。

本ソフトウエアの著作権はToolsBoxに帰属します。
本ソフトウエアをご利用の結果生じた損害について、ToolsBoxは一切責任を負いません。
ToolsBoxはコンテンツとして提供する全ての文章、画像等について、内容の合法性・正確性・安全性等、において最善の注意をし、作成していますが、保証するものではありません。
ToolsBoxはリンクをしている外部サイトについては、何ら保証しません。
ToolsBoxは事前の予告無く、本ソフトウエアの開発・提供を中止する可能性があります。

商標・登録商標

Microsoft、Windows、WindowsNTは米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。
Windows Vista、Windows XPは、米国Microsoft Corporation.の商品名称です。
LabVIEW、National Instruments、NI、ni.comはNational Instrumentsの登録商標です。
I2Cは、NXP Semiconductors社の登録商標です。
その他の企業名ならびに製品名は、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。
すべての商標および登録商標は、それぞれの所有者に帰属します。